読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性会計士ノラのマイペースライフ

ママ女性会計士のdiaryです。最新の会計税務情報のほか、日々思うことを綴ります。

不育症治療(凝固因子異常の場合)のコツ

こんにちは、ノラです。

不育症治療に関する情報は不妊治療と比べてまだまだ少ないので、今回は自身の経験から感じた不育症治療で気をつけるべきことを書こうと思います。

①早めに検査を受ける

不妊治療のコツの記事にも書きましたが、妊娠に関しては年齢と成功率が深く関係しているため、流産を経験した場合は、個人的には、初めての流産であっても可能であれば染色体検査や不育関連の血液検査を受けたほうがよいと思います。

流産は精神的、身体的負担が大きいため、できれば複数回経験したくはないものです。本格的な不育症検査を受けるためには不育専門クリニック(有名なのは下記クリニックです)に行く必要がありますが、不妊クリニックでも血液検査ができる場所が多くなってきているため、まずは不妊クリニックで受けてみてもよいかもしれません。また、下記のような名医がいる不育専門クリニックは予約が数か月先まで埋まっています。初診に行くか迷った場合は、とりあえず早めに予約を入れましょう。また、妊娠中やホルモン治療中は不育の検査を受けることができませんので、注意してください。

杉ウイメンズクリニック 新横浜:不育症、反復流産、死産、着床障害

Home - 青木産婦人科クリニック|不育症・着床障害

不育症・流産なら、大阪のふじたクリニック

ちなみに、私の場合は、不妊治療の末初めての妊娠後、心拍確認後に1度目の流産を経験しました。初期流産は4,5人に1人経験するといわれるように珍しいものではないため、通常だと初めての流産で染色体検査をすることは少ないのですが、心拍確認後の流産であることや、不妊クリニックに通っていたことから、念のため染色体検査を実施しました。結果は、異常なし。再度妊活をするつもりだったため、不妊クリニックでできる不育関連の血液検査を受け、CLIgMの値がひっかかり、高リン脂質抗体症候群の可能性があるという結果が出ました。当時の担当医師曰く、値がそれほど高くないため、バイアスピリンを毎日1錠飲む方法で治療して妊娠継続を目指すということになりました。一般的に、高リン脂質抗体症候群の治療法は、バイアスピリンとヘパリン注射の併用ですが、まだまだ不育症研究は途上のため医師により意見が分かれています。私は当初の先生を信頼していたため、2度目の妊娠後バイアスピリンを28週まで服用し、無事に出産することができました。

なお、上記3クリニックでは、メールによる不育相談を行っています。治療方針に迷いがある場合には、メールで質問するとそれぞれの名医の見解をいただけるので、利用してみてもよいかもしれません。

着床前診断という選択肢もあることを知る

不育症の原因の一つに夫婦どちらかの染色体異常(転座)があります。その場合、治療の方法として着床前診断があります。通常、着床前診断は誰でもできるわけではなく、染色体異常や習慣流産等の適応条件があり、申請手続をしたうえで、日本産科婦人科学会から承認を受けた施設で可能です。ただ、上記に記載のとおり、妊活中の方にとって”時間”は非常に大切です。実は、検査や申請に費用と時間を費やすことができない方々にとっての駆け込み寺的存在のクリニックが存在します。大谷レディスクリニックでは、適応条件を満たさない場合でもカウンセリングを受けて着床前診断を受けることができます。

大谷レディスクリニック | 着床前診断とは

そもそも着床前診断には倫理的な観点から議論がありますよね。それぞれの価値観、倫理観がありますので、着床前診断をしてまで子供を産むことを選択しない方も大勢いるかと思います。しかし、選択肢としての存在を知ることは大切です。ちなみに、大谷院長は自身も不妊治療のご経験があり、精神的、身体的負担の大きい流産をできるかぎり減らすことが大切だというお気持ちから治療をされています。産科婦人科学会からの承認はないものの、成功率、技術力は国内でも群を抜いて高く、当然全国から患者さんが殺到しています。

③冷静になる

特に不妊治療をした末の不育症治療の場合、治療が当然になりやめられなくなるというリスクがあります。不育症治療は多額の費用がかかります。たとえば、血液凝固抑制のためにヘパリン注射ではなくオルガラン注射をする場合月7万円かかりますし、着床前診断する場合には採卵からはじめて100万円以上かかると思います。

経済的に余裕がある場合は問題ないですが、余裕がある場合なんて稀だと思いますので、何を優先するかきちんと夫婦で話し合うことが不可欠です。

子供がいて幸せな生活、子供なしで幸せな生活、子供がいてつらい生活、子供なしでつらい生活、言葉にすると軽薄に聞こえますが、夫婦でも、独身でも幸せを感じる生活は溢れています。また、子供がいてもつらいと感じながら生活をされている方もいますよね。治療中は仕事を休んでいる場合も多く、人と接する機会が少なくなると視野が狭くなりがちですが、自分はどんな生活がしたいのか、しっかり考えて限られた大切な時間を過ごしていければと思っています。

今回は不育症治療について、ご紹介しました。直接的に治療を受けるのは女性ですが、男性にも不育症について知っておいてほしいと思います。

 

 

不妊治療と不育症治療のコツ ①

こんにちは、ノラです。今回は、いわゆる不妊”治療と”不育症”治療について、自身の経験をもとに書きたいと思います。

出産するかしないかは本人の自由であり、どちらが良い悪いではないことは当然ですが、女性として現在の生殖医療についての知識を持つことは人生の選択肢を検討するうえで大切なことだと思います。生殖医療についての専門的なことは不妊クリニックのHPなどたくさんありますので、ここでは、自身の経験をもとに個人的に思う治療のコツを書きたいと思います。

不妊治療のコツ

①検査は自分だけではなく、夫と一緒にできるだけ早く開始する

不妊の原因は男女約50%ずつといわれています。確率は半分半分であること、原因は1つ以上の可能性もあることから、両方検査しないと大変非効率です。

しかも、男性の初期の検査は病院に行く必要すらないことも多く、家で採取して女性が持ち込むことができる病院も多いです。身体的負担は大変軽いのですが、精神的に負担が大きく感じる男性もいます。そのような場合は、不妊の原因などに関する数字を提示して論理的に説明すると、うまくいくことも多いようです。病院では、初診に不妊治療に関するパンフレットを配布することも多いので、それらの資料の大事な部分にマーカーを引いて渡してみるのもいいかもしれません。

なお、どちらかに原因が見つかった場合、原因が見つかった側の気持ちに関しても事前に考えておく必要があるかと思います。原因を突き止めない、という選択肢ももちろんあることを忘れないようにしたいです。

②病院選び

不妊治療の病院はどこも大変混んでいますが、予約が何か月待ちの病院も珍しくありません。ただ、みなさんよくご存じで、何か月待ちの病院には名医が多いことも事実です。卵子の質と量の観点から、35歳が境界線として挙げられることが多いですが、時間的に余裕がある場合、もしくは、そもそも治療をするかどうか迷っている場合は、とりあえず予約を入れておくことをお勧めします。金銭的余裕がある場合には、複数のクリニックを1度受診して自分に合うクリニックを探すことも結果的に早道になることがあります。治療をしないことを決めたときにはキャンセルできますし、することに決めてから何か月も待つのは勿体なさすぎますよね。

③優先順位を明確にしておく

不妊治療は時間的にも、経済的にも、身体的精神的にも負担が伴います。

「治療をするなら年齢が若いほうが妊娠できる可能性が高いため、今は治療を優先したい」と考える人もいれば、「治療をするよりも自然にまかせてもし子供を授からなければそれはそれでよい。それよりも今したいことがある」「治療に多額の費用をかけるより、ほかにお金を使いたい」と考える人もいます。

周りに流されて治療をするとストレスになりやすいし、治療をするからには、出産、育児についてきちんとした責任感をもたなければなりません。

自分にとっての優先順位をきちんと考えておくこと、また、夫の考え方にも耳を傾け、お互いの気持ちを尊重することが大切です。治療する場合には、何歳まで治療を続けるのか、いくらまで負担するのか、についても夫婦で話し合えれば理想的だと思います。

以上、まずは不妊治療のコツについて、あくまで個人的な意見ですが、ご参考になれば幸いです。次回、不育症治療のコツについても書きたいと思います。

女性会計士専門求人サイト

こんばんは、会計士のノラです。

今回は女性会計士専門の求人サイトhttps://lady-cpa.comをご紹介します。

このサイトを運営している(株)HumanBridgeでは、在宅勤務や非常勤勤務の案件を多く紹介しているほか、たとえば下記のような無料研修も開催しています。

・内部監査業務に関する定期研修

・株式上場支援業務に関する定期研修

・女性会計士キャリアセミナー

 

先日、どんなものかと女性会計士のキャリアセミナーに顔を出してみました。会計士の平林亮子さんhttp://www.hirabayashi-cpa.com
とざっくばらんに今後のキャリア形成についてお話しするという内容でしたが、社外監査役の実務のお話などが聞けて個人的にはとても興味深かったです。何でもとりあえず挑戦してみることが大切だと感じました。私も30代なので、10年後を見据えて監査役の勉強に本腰を入れようかと思います。

皆さんも興味があればぜひ一度参加してみても良いかもしれません。

 

 

 

女性会計士の働き方② 財務局の特定任期付職員ー証券監査官

こんにちは、女性会計士のノラです。前回は監査法人での非常勤バイトをご紹介しましたが、今回は財務局の特定任期付職員というお仕事を簡単にご紹介したいと思います。

 

企業が開示する有価証券報告書は、監査法人の監査後に提出されますが、実は提出後にも金融庁や財務局が有価証券報告書レビューを実施しています。

有価証券報告書レビューは、

①法令改正関係審査

法令改正等により記載内容が変更、追加された重要な事項について実施するもの

②重点テーマ審査

毎年特定テーマを決めて、審査対象を抽出し、深度ある審査を実施するもの

③情報等活用審査

適時開示や報道、情報提供をもとに実施するもの

があります。ちなみに平成28年度3月期以降は工事契約に関する会計処理、開示等が重点テーマでした。

http://www.fsa.go.jp/news/27/sonota/20160325-4.html

毎年3月下旬に発表されるので、監査法人は必ずチェックしてますよね。金融庁から質問、指導があるので、なんとか適切な開示にしておきたいところです。

 

さて、上記の有報レビュー等をするのが、証券監査官です。このお仕事、2年という任期付でしばしば全国の財務局が求人しています。

現在だと、関東財務局が公認会計士1名募集していますね。

http://kantou.mof.go.jp/recruit/pagekthp007000064_00001.html

地方の友人が特定任期付職員をしていますが、残業なし、給与も結構高くてストレスも少なく悪くないと話していました。一度延長することもできるようですが、この職歴があると、監査法人にも重宝されるようで、監査法人に戻る人もちらほらいるようです。

証券監査官、ご興味のある人は応募してみてはいかがでしょうか。女性会計士の働き方シリーズ、また書きたいと思います。

話は変わりますが、保育園の内定、無事第3希望に決まりました。働くママは保育園対策も最重要課題ですよね。私は会計士として、女性の起業のサポートもさせていただいております。保育園対策についても、経験からしっかりアドバイスさせていただきますので、気が向いたらご相談お待ちしております(^_^)

 

 

 

女性会計士の働き方① 監査法人の非常勤勤務

こんにちは、女性会計士のノラです。実は私、監査法人で非常勤勤務をしていたことがあります。

通常非常勤は以前の職場で再雇用されることが多いのですが、私の場合は他の監査法人に入りました。

今はどこの監査法人も会計士不足のため、非常勤でも雇ってくれます。私の場合も、正社員の募集で非常勤希望を伝えた結果、ありがたいことに受け入れてもらえました。

非常勤勤務のメリット、デメリットを以下にまとめてみました。

◇メリット 

・時給が高い

会計士の資格を持っていてある程度の実務経験があれば、時給5,000円以上もらえる場合も少なくありません。1日7時間働くと35,000円、10日で35万円。効率的ですね。

・時間が自由

私の場合、スケジュールは基本的にほぼ希望が通りました。週2回、残業なしなど自分のペースでシフトが組めることも多いと思います。

・研修が無料で受けられる

会計士登録をしていると、CPE単位が必要になりますが、監査法人の研修で単位付与されるため、勉強にもなり単位ももらえて一石二鳥です。

・最新の会計税務情報や監査ツールに簡単にアクセスできる

最初に大手監査法人に就職したときには当たり前に使っていた情報ツール、転職後にあんなに便利なものはないと痛感したものです。

信頼できる情報ツールだけでなく、優秀な監査チームのメンバーと仕事ができることも大きなメリットですね。

◇デメリット

・自己負担費用もある程度発生する

会計士会費月1万円程度、社会保険料は基本的に自己負担です。

・勤務時間に上限がある

非常勤のため、年間の勤務時間に上限があります。

契約期間が短い

半年や1年、長くても2年契約が多いです。人不足と人余りが繰り返される業界のため、需要がなくなるとさくっとクビになりやすいです。

考えてみると、私の立場からするとデメリットはあまり見つかりませんでした。監査法人でしっかりキャリアを積みたい方にとっては向いていませんが、そういう方は常勤でバリバリ働かれますね。あ、非常勤で入ると、現場の監査チームはいつの間にか若者ばかりでびっくりという事態にはなりやすいです。笑

最近は会計士ではないアシスタントの方が監査現場でサポートしてくれるシステムも浸透しているし、監査のAI活用もどんどん進んでいくのでしょうね。

今回は監査法人の非常勤勤務について書いてみました。読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

ブログ始めました

女性会計士のノラです。今回少し時間ができたこともあり、ブログを始めてみました。こちらのブログでは、会計、税務の最新情報のほか、日々思うことをゆるりと綴りたいと思います。

最初に簡単な自己紹介を。。

私は東京在住の子持ち30代女性会計士です。

転勤族のため、何度も引越しをしていますが、会計士としてマイペースに暮らしています。大手監査法人⇨中小短時間勤務⇨友人の会計事務所在宅勤務⇨監査法人非常勤⇨独立開業という感じでしょうか。妊活や出産、育児が転職のきっかけでした。現在は開業したてでまだ試行錯誤中です。夫や子どもとの時間も大切にしながら、せっかく会計士の資格をとったので自分のペースで細く長くお仕事を続けたいと思っています。もし会計、税務、経営などのご相談がございましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

趣味は旅行ですが、最近は妊活や育児を優先してたのであまり行けてないですね。また落ち着いたら楽しみたいです。

好きな食べ物は、担々麺です。

あ、もう夕方ですね。今日は生姜焼きかクリームシチューにしようと思います。ではでは、読んでいただき、ありがとうございました。また気が向いたらアクセスしてみてください(^_^)